T O P プロフィール/政策/実績 お知らせ/バックナンバー 活動レポート/バックナンバー コラム/バックナンバー

CONTENTS

 
   ◆ 幡野 茂
      トップページ

 
   ◆ プロフィール
      主な政策&実績
 
   ◆ お知らせ
      バックナンバー
      2009 2010
      2011 2012

      2013 2014
      2015 2016
      2017 
 
   ◆ 活動レポート
      バックナンバー
      2007 2008
      2009 2010

      2011 2012

      2013 2014
      2015 2016
      2017 
 
   ◆ コ ラ ム
      バックナンバー
 

 

2008年11月10日
子ども医療費助成制度の拡充を求める要望書を提出
公明党川口市議団は市役所庁内にて岡村市長に会い、「 子ども医療費助成制度の拡充を求める要望書」を提出しました。
少子化の進行が危機的な水準で推移し、高齢化や労働力人口の減少など重大な影響を及ぼすことが懸念される中、子どもの心身の健全な発達を促すためにも、入院医療費の心配なく安心して医療を受けられるように要望させて頂きました。
公明党は全力で政策提言をして参ります。
2008年10月1日
川口市予算編成並びに施策に関する要望書を提出
公明党川口市議団は市役所庁内にて岡村市長に会い、「平成21年度川口市予算編成並びに施策に関する要望書」を提出しました。
行財政改革、防犯、防災施策、子育て支援、介護、医療等の福祉施策の充実など重点要望については意見交換も交えた中で要望させて頂きました。
今後も市民ニーズにあった政策提言をして参ります。
2008年9月20日
9月定例議会にて一般質問に登壇

今回が3回目の質問となり、後発医薬品の普及、ごみ減量化と回収コストの削減、身体が不自由な方のための戸別回収、災害時の事業継続計画、地域の集中豪雨災害、学校給食廃棄物のリサイクル、環境学習、川口駅にホームドアの設置、新型インフルエンザ対策について等市民の皆様から頂きましたご要望もふくめ質問・提案をさせて頂きました。
今後も皆様の声を市政に反映できるよう誠実に真剣に取り組んでまいる決意であります。
2008年7月9日
人間ドック助成の申し入れ
6月定例市議会終了後、公明党川口市議団は岡村市長に「後期高齢者の人間ドック助成に関する申し入れ」をしました。
本年4月から施行された後期高齢者医療制度により昨年まで川口市の国保事業で実施されていた人間ドックについて、75歳以上の後期高齢者の方々が対象外となっています。
これにより後期高齢者の方々の不安が解消されていないため
川口市独自に人間ドック助成制度を早期に実施されるよう市長に要望を申し入れました。
今後も新しい後期高齢者医療制度が市民の皆様にご理解を頂けるよう努めて参ります。
2008年6月3日
中国四川大震災募金活動
5月17日、四川大地震の被災者を救援するため、「中国・四川大地震を救援する市民の会」とともに、川口駅東口デッキで街頭募金活動を行いました。
中国政府は5月19日までに、地震の死者が34073人、負傷者が245108人に上ったと発表。日本からも60人の国際緊急援助隊を派遣、さらに20日には医療チームも出発、負傷者の人数からして今後は医療ニーズがさらに高まりそうです。
今、国際社会の支援が最も必要な時ではないでしょうか。
2008年4月24日
視察のご報告
4月7日 公明党川口市議団の新人議員5人で、川口市社会福祉協議会(略称:社協)へ視察に行って参りました。
4月10日 公明党川口市議団全員で、戸田市役所(屋上緑化フェルトガーデン戸田)、飯仲小学校(学童保育) へ視察に行って参りました。
それぞれ事業内容の説明を受け、その後質疑応答を通して活発な意見交換が行われました。
2008年3月13日
平成20年3月定例議会にて一般質問に登壇
昨年4月の当選より2回目の一般質問のチャンスをいただき大変に感謝しております。
私の今回の一般質問の一つは、ロナルド・メイス氏が提唱しましたユニバーサルデザインの考え方を本市の施策に取り入れて、年齢や性別、能力、言語、など人々がもつ様々な特性や違いを認め合い、始めからできる限り誰もが利用しやすいよう街、人、物づくりを行っていこうとする「人は誰でも人らしく生きる権利がある」という発想がこめられております。そして広い意味での社会環境づくりを目指す考え方を提起させていただきました。
今後も、住んで良かったと誰もが実感できる川口の実現めざして、全力で活動してまいる決意です。
2008年2月18日
公明党埼玉県本部臨時代表者会議
18日(月)さいたま市内で臨時県本部代表者会議が太田公明党代表出席のもと開催され、埼玉県本部代表に西田実仁参議院議員、幹事長に福永信之県議会議員が選出されました。
太田代表からは「地域に公明党の議員は一人との決意のもと党勢拡大の闘いをしていきましょう」、西田新県本部代表からは「団結第一で全てに勝利を」との抱負がありました。
2008年2月4日
中国製冷凍餃子に起因すると疑われる
健康被害の発生に対する申し入れ
公明党川口市議団は4日午前に市役所庁内にて岡村市長に会い、中国製冷凍餃子による中毒問題で改めて食の安全、危機管理のあり方等を見直すよう申し入れをしました。
要望内容は以下の通りです。
 1.当該商品の食品スーパー等の、流通における実態調査と業界への指導。
 2.市民への迅速な情報提供や相談を受け付ける窓口の設置。
 3.学校給食や公共施設の食材の調査と公表。
 4.今回の事案のような健康被害が今後、発生した場合における初動危機管理体制を
    確立すること。
2008年1月3日
公明党川口支部新春街頭を開催
2008年の初頭を飾る恒例の川口総支部新春街頭が1月3日午後川口駅東口そごう前で開催されました。
これには西田実仁参議院議員、長沢広明前衆議院議員が駆けつけて頂きました。
本年は昨年以上の大切な政治決戦の年となるものと思われます。公明党は現場の声を国政・県政・市政につなげ、ネットワーク政党としての役割を果たして参ります。

T O P プロフィール/政策/実績 お知らせ/バックナンバー 活動レポート/バックナンバー コラム/バックナンバー

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Hatano Shigeru. All Rights Reserved.