T O P プロフィール/政策/実績 お知らせ/バックナンバー 活動レポート/バックナンバー コラム/バックナンバー

CONTENTS

 
   ◆ 幡野 茂
      トップページ

 
   ◆ プロフィール
      主な政策&実績
 
   ◆ お知らせ
      バックナンバー
      2009 2010
      2011 2012

      2013 2014
      2015 2016
      2017 2018
 
   ◆ 活動レポート
      バックナンバー
      2007 2008
      2009 2010

      2011 2012

      2013 2014
      2015 2016
      2017 2018
 
   ◆ コ ラ ム
      バックナンバー
 

 

 ■ お 知 ら せ >>> お知らせ バックナンバーはこちら
2018年4月3日
中核市移行式
新年度から中核市に移行した本市では2日、中核市移行式と市保健所開所式を開きました。
2,209の事務権限を県から移譲され、今後はこの権限を最大限に生かし行政サービスの向上を目指していきます。
「中核市」とは
都道府県が行っている事務の一部を、人口20万人以上の市に移譲し、市民の身近なところで行政を行うことができるようにした都市制度です。
本市は県内3番目の中核市となります。
 ■ 活動レポート >>> 活動レポート バックナンバーはこちら
2018年6月1日
医療制度改革と自治体の役割
5月22日、午後から大手町でセミナーに参加し医療制度改革と自治体の役割について学びました。
2018年度には診療報酬、介護報酬の同時改定があります。
更には、国保改革の施行・次期医療計画の開始など多くの医療制度改革が結節され、医療・介護政策の課題解消が重要です。
 

 
2017年9月17日
待機児童解消対策となるか、幼稚園2歳児を受け入れ!
来年度から幼稚園でも2歳児の一時預かりの枠を新設し、受け入れを認める方針を文部科学省と内閣府は決め、来年度予算の概算要求で、財務省に関連費用を盛り込むよう求めました。
国の保育所等の待機児童は4月時点で約26,000人、0歳〜2歳児が約9割近くを占めていることから、一定の効果は見込まれるのかと思います。
そこで、本市の状況はどうか、4月1日時点の保育所待機児童数は、49名、内0歳〜2歳の待機児童は44名(89,9%)と国の割合と変わりありません。
さらに年齢別にみてみますと、0歳4名、1歳30名、2歳10名と1歳児が圧倒的に多く、2歳児からの受け入れが始まっても根本的解決には至りませんが、待機児童解消につながるのは、間違いありません。
川口市は現在保育所施設整備を推進しており、受入枠を増やしています。
平成26年度は、6,522人の受入枠でしたが、平成29年度には、9,095人の受入枠となり1,013人も増やすことができましが、新たな需要を呼び待機児童ゼロには至っておりませんが、喫緊の課題であります待機児童解消にむけ取り組まなければなりません!
 
 

T O P プロフィール/政策/実績 お知らせ/バックナンバー 活動レポート/バックナンバー コラム/バックナンバー

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Hatano Shigeru. All Rights Reserved.